いちご泥棒

430f

19世紀の英国の工芸家・デザイナーであり、「近代デザインの父」と名高いウィリアム・モリス。
彼の作品の中でも特に有名な「いちご泥棒」。

いちごを啄むツグミを見てデザインされたこちらの柄が、織物として川島セルコンのラインナップに加わりました。
同じモチーフをアレンジして、エンブロイダリーで表現したボイル「いちご泥棒シアー」もございますので、コーディネートとしてお楽しみいただけます。

「いちご泥棒」以外にも「マリーイザベル」・「ゴールデンリリーマイナー」などのデザインも多数ございますので、興味のある方は是非、ご来店お待ちしております。

根本 夕貴

FF4501(DB)・FF4502(DV)・FF4503(DO)

Comments are closed.