ヘレネと手毬のカーテン

20150927burogu1

今日は中秋の名月。今夜は一年で一番美しい月を眺められます。さらに明日は月と地球の距離が最も近づく「スーパームーン」だそうです。想像力をかきたてられる天体の神秘を感じられそうですね。

今宵の美しい満月にちなんで江戸小紋の手毬をモチーフにしたカーテンと、まるいサークルモチーフのカーテンをご紹介します。

リリカラ『FABRIC DECO』にあるFD51242・FD51243は日本の伝統的なデザイン、江戸小紋「伊勢型紙」のコレクションから‘草なびき’‘手毬’を取り入れたカーテンです。‘草なびき’は草が風になびく紋様、‘手毬’は、江戸期に五彩の絹糸で作られた御殿毬が流行しそれが紋様として表現されたものです。地紋の繊細な草なびきの紋様と手毬のモチーフが表情豊かに織り上げられています。遊び心あふれた江戸の粋を代表する江戸小紋が絶妙に融合され、モダンなインテリアにもしっくり調和します。

アスワン『セラヴィ』ヘレネE5168・E5169は朱子と平織りだけで気品のあるサークルモチーフを表現したジャカードカーテン。遮光性もあり、カラーは深みのあるパープルと瑠璃色です。神秘的な美しさの象徴でもあるヘレネ。ジャカード織りの素材と深みのある色使いでスタイリッシュで洗練された印象を窓辺・空間に与えます。

リリカラ『FABRIC DECO』FD51242・FD51243
アスワン『セラヴィ』ヘレネE5168・E5169

宗像 華代

Comments are closed.