*カーテンについてしっておこう*

i05

□収縮について
カーテンはお部屋の環境条件(温度・湿度)により伸びたり縮んだりすることがあります。
これは、カーテンに使用される素材の持つ特徴ですのでご了承ください。
特に、綿・レーヨンの素材を使用しているものは伸縮があります。
ニオイについて
麻のように素材固有のニオイがするものもあります。
□ニオイは時間と共に薄れていきます。
また、カーテンに付着した臭いが気になる場合は、市販の水性消臭スプレーなども効果的です。
また、消臭機能が付いたカーテンもあります。
□ぶら下がらないでください
カーテンにぶら下がらないでください。
カーテンが破れる前にレールが落下する場合があります。
□結露に対して
結露にカーテンが触れないように注意してください。
生地の収縮や汚れ、また、カビが発生する原因となります。
□汚れについて
カーテンは、室内外の粉塵などによって汚れます。
汚れは、時間がたつと落ちにくくなってきます。
掃除機やハタキによる日常のメンテナンスを心掛けてください。
ヒダの折り山や裾の裏側などは特にホコリがたまりやすいので、重点的にお掃除するようにしましょう。
また、ホコリがたまらないようカーテンを毎日開け閉めすることも忘れずに。
カーテンレールにたまったホコリも見過ごしがちな場所ですが、定期的にチェックするよう心がけましょう。
カーテンに汚れがついたら、すぐにふき取るようにしましょう。汚れが広がらないように注意してください。
漂白剤やカビ取り剤、消毒剤などは使用しないでください。変色・脱色の原因となります。
□火気厳禁
火気や照明など高温になるものを近づけないでください。火災の原因となります。
※防炎カーテンは、燃えないものではありません(着火しても燃え移りにくい性能を有します)。
火気には充分注意してください。

東リ カーテン
松本 由美子

Comments are closed.