織匠美 -ORITAKUMI-

52

日本の伝統的な文様をモチーフにデザインした、東リの「織匠美」をご紹介します。

「KTB4042」は、平安時代の貴族が用いた牛車。その車輪を文様化した【源氏車(げんじぐるま)】を、現代のお部屋に合わせてモダンに。

「KTB4043」は、菱形の上下に小さな菱形を重ねたような、【松皮菱(まつかわびし)】を風通織で織り上げたやわらかい表情の生地。

「KTB4046」は、金箔や銀箔を散りばめた、優雅な【箔散らし(はくちらし)】を光沢糸やラメ糸で華やかに表現。

「KTB4050]は、山を登る小道のようにジグザグな【山路(やまみち)】を大胆に構成したデザイン。

「KTB4052」は、無限に連鎖する金輪の交叉を文様化した【七宝(しっぽう)】は、永遠の円満を表現。

「KTB4053」は、雲気(運気)が立ち上る様をイメージした【立涌(たてわく)】。リズミカルな曲線のふくらみが優美さを演出。

「KTB4056」は、無限を意味する卍(万)を斜めに崩して繋げた【紗綾形(さやがた)】を、繊細な表現で現代風にアレンジ。

「KTB4058」は、【四菱(よつびし)】のシンプルなデザイン。どのようなお部屋にも合わせやすいデザイン。

東り 「PLUS BONHEUR」KTB4042・KTB4043・KTB4046・KTB4050・KTB4052・KTB4053・KTB4056・KTB4058

Comments are closed.