紀尾井 カーテン

428o

江戸の粋を代表する、江戸小紋。
「伊勢型紙」のコレクションからセレクトしたデザインが、伝統の中にも遊び心に溢れ、モダンなインテリアにしっくりととけ込みます。

「芦なびき」・・・川辺に群生する芦が、風にたなびいてる様子。

「羊歯」・・・しのぶ草とも。唐紙の文様としても多く使われます。

「変わり立涌に菊松葉」・・・菊松葉は、唐松を菊に見立てた呼び名。松林に水蒸気が立ち上る様。

「大輪菊散らし」・・・菊は皇室や大名の使用した高貴な文様で、古くから親しまれています。

「草なびき」・・・草が風になびく様子を現した文様。

「手まり」・・・江戸期に五彩の絹糸で作られた御殿毬が流行し、子供の着物に好まれました。

「草葉文様」・・・2枚型のうちの1枚。風にたなびく葉の様子。

リリカラ FD kioi FD-51236・51235/FD-51238・51239/FD-51240/FD-51247/FD-51243・FD-51244

Comments are closed.