ブラインドの歴史・・・

 image_photo.jpg

 

ブラインドの起源

ブラインドの日よけとしての機能は、古代エジプトの頃から熱帯樹の葉を利用したスクリーン状のもので強い陽射しを遮り、人目を避け、通風をよくする工夫がなされていたといいます。その後ペルシアに渡り、中世になってイタリア、ヨーロッパに広がり、イタリアのベニスではよこ型ブラインドの原型「ベネシャンブラインド」が生まれました。

日本のブラインドの歴史
 
日本のメーカーで製造が始まったのは昭和16年頃です。戦後進駐軍特需として本格的に製造が開始されました。高度経済成長期には次々と大型ビルに採用され、大型、電動式といったビル向けのブラインドが開発されています。家庭用のブラインドは昭和40年頃から専用機種が発売され、家庭でも簡単に使えるような操作性、様々なインテリアに合うデザインのブラインドが次々と生まれています。

 

今回はブラインド(ニチベイ)の歴史でした!

松本 由美子

 

 

 

 

 

Comments are closed.