カーテンの断熱効果と冷暖房への影響は?

ccarbcurtain.jpg部屋に窓があると必ずカーテンがかかってますよね。なぜでしょう。

先ずは、外から部屋が丸見えになるのを防ぐため、そして光を遮って心地よく寝るため。

そして・・カーテンの断熱効果って捨てたものではないことを知ってました?
外気にガラス一枚で接している窓は無防備。カーテンはこの無防備な窓を外気の熱から、室内の環境を守っているのです。カーテンは、部屋の中の暖かい空気が逃げにくくし、逆に外からの熱が入ってくるのもシャットアウトします。夏の日差しも、冬の窓ガラスからの冷気の侵入も防いでくれます。そうカーテンは、ただの飾りではないのです。

暖房器 ふつう、窓にはガラスが入っていますよね。ガラスはものすごく熱を伝えやすい素材です。つまり外の温度に影響されやすく、そのために部屋の温度にも大きく影響します。
部屋を快適な温度に保つには窓の断熱性を高めることが大切です。窓の種類にかかわらず、カーテンで窓回りを密閉状態にするほど、断熱効果が上がることが報告されています。カーテンは断熱性の高いものを選ぶほうが、暖房も冷房もよく効くということにつながりますよね。

外の温度を伝えるガラス面を覆うだけでは、熱の移動は防げません。窓と室内の空気とを完全に遮断しましょう。天井からカーテンをつるす天付けは、上からの熱の移動を防ぐので効果的。下は床に被るほどに生地を長くたらすとよいでしょう。カーブレールを利用すると、カーテンの横からの熱の移動を防ぐこともできます。

ぜひためしてみましょう! 松本 由美子

Comments are closed.