季節に合わせて保温断熱性をチェック!

lnav_ktb2053.pngヨーロッパの人たちは、季節によってカーテンを掛け替えて、

ぴったりのカーテンを楽しんだり、お部屋の気分転換をしているそう

です。カーテンと季節は、ただ変化を楽しむだけでなく、保温断熱性

を調節するのがポイント。春は風通しの良い薄手のカーテン、夏は冷

房効果を逃がさず、外の熱を入れない断熱性の高いもの、と考えて

おけば、省エネ効果もあるのです。秋冬は保温性の高い厚手のカー 

テンに。これに色を合わせて、春の黄色やグリーン、夏のブルー、秋の茶系、冬には暖かな赤味を持ってくる

と、日本らしい四季の楽しさも満喫できます。

保温断熱性を重視するなら、カーテンレールも両端が壁側にカーブしたラウンドタイプにしておけば、夏冬に透

き間を防いで冷暖房の効果が高まります。

春秋のカーテンは少しだけ幅を短めにすれば、ラウンド部分にカーテンがかからず、風通しが良くなります。

松本 由美子

Comments are closed.