カーテンディスプレイ

こんにちは!今日は店内にいくつかございますカーテンのディスプレイについてご紹介致します。          

写真は、通路にディスプレイされておりますカーテンで、左側がアンティークなアイアンレールに、水墨画の様な葉柄のドレープと、個性的な黒のレースを組み合わせた物になります。

右側のディスプレイは、ヒダの作りが異なるカーテンを違いが分かる様並べて掛けております。

(上)が1.5倍ヒダで、窓枠の幅の1.5倍の生地で作成されており、(下)が2倍ヒダで、窓枠の幅の2倍の生地で作成されております。

2倍ヒダですとボリュームがあり、とても豪華に見えます。

1.5倍ヒダですと少しすっきりした印象になり、柄があるカーテンなどには、デザインが目立ちオススメです。

他にも違ったテイストのドレープ&レースのディスプレイがございますので、コーディネイトの参考にご覧下さい!!

★石井★

Comments are closed.