☆光を自在に操るスクリーン☆

122ブログ.jpg 本日は、ドレープとレースをボーダー状に配した生地が1台に2枚ついたロールスクリーンをご紹介します。

生地が上下にスライドすることで生地を降ろしたままでも簡単に光の調節が出来ます。

昼間はレース生地をメインに降り注ぐ日射しを採り入れ、開放感のある明るい室内に出来ます。

外出時や外からの視線をシャットアウトしたい時は、全閉にして、遮蔽性の高いドレープ生地がプライバシーを守ります。

タチカワ  RS-122(ダンテ)                     

                                       左は採光・右は全閉(遮光)の状態

                                          中山 奈美枝

 

 

 

Comments are closed.