☀窓からの節電対策☀

 003.jpg

今年も節電対策を、色々と考えていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。

緑のカーテンとして☆ゴーヤの苗が話題になってました☆

今日は窓からの節電対策として遮熱フィルムのマルチレイヤーNanoをご紹介します。

太陽光線のエネルギー比率は、紫外線5%、可視光線45%、赤外線50%です。窓ガラスから入った太陽光エネルギーが窓際で床や壁などの温度を上昇させるのは主に可視光線と近赤外線とが原因となります。

可視光線はカットすると暗くなりますが、赤外線は目に見えないためカットしても見え方に影響がありません。

日焼けや肌に有害な紫外線は99%以上カットしてくれます。

また、透明感を維持したまま赤外線を90%以上もカットする理想的なフィルムといえます。

高い遮熱効果、肌を刺すようなジリジリ感などの不快成分除去効果、そして有用電波透過効果を発揮します。

今年も暑い季節がやってきます。お部屋を快適に過ごせる為のプランを立ててみてはいかがですか?

3M ウィンドフィルム  中山 奈美枝

Comments are closed.