カーテンのお洗濯方法★

柔らかな春の光は暖かく心地がいいですよね。そんな日には、意外と汚れが溜まってしまっているカーテンのお洗濯をしてみてはいかがでしょうか!!

今日はご自宅で洗濯をすることが出来る「ウォッシャブル機能」が付いたカーテンの洗濯方法をご紹介しますが、ご自宅のカーテンをお洗濯する際は必ず「洗濯ラベル」をご確認下さい。

①ホコリを払い、フックを全てはずします。

②シワにならないように屏風だたみにし軽く糸で止めます。

③ネットに入れ洗濯機で洗います。 汚れがひどい時は長く洗わず洗剤液をとりかえて洗い直します。すすぎは十分行います。ドレープカーテンはすすいだ後、糊付や柔軟仕上剤で仕上げてください!

④脱水はドレープで1分、レースで20~30秒程度。やりすぎは小じわのもとです。 脱水機が使用できない場合は、図のように2本の竿やロープにM型にかけて干す方法もあります。そのまま干しておくと、きれいなヒダが取りにくくなるので、なま乾きの状態になったら吊り干ししましょう。 屋外で干す場合は日陰で必ず吊り干し。洗濯ばさみをたくさん使って干します。2ツ折にして竿にかけたりはしないでください。 レールに吊って干す場合は水気を取ったら元のレールに吊り、乾かすのが一番良い万法です。縮みも伸び、干しじわができません。ヒダをきれいに整えて上、中、下の3ケ所位を軽く紐で結んで乾かすと美しいプリーツが出て、アイロンも不要です。薄くスプレー糊をつけておくのもよいでしょう。床やカーペットが濡れないように、カーテンの下にタオルなどを敷いてください。

⑤アイロン掛け。必ず洗濯絵表示でアイロン掛け可能かどうか、また適切な温度やあて布の有無を確認してください。

さらに詳しい方法はスタッフまでお尋ねくださいませ(>ω・)★

渡辺 安由美

Comments are closed.