カーテン選びの基本

r.jpg

カーテンは、開けた時と閉めた時の印象が違います。

また、暖色系は大きく、近く感じ、寒色系は小さく、遠く感じます。紫や綠の中間色は暖かくも寒くも感じません。

華やかな柄、大きな柄、色の濃いものを選ぶとお部屋のアクセントになり、無地調やベージュ・アイボリーなどの淡い色は壁になじみ、すっきりとした印象になります。

他にも、床や家具に合わせてコーディネートする方法もあります。

床や家具が濃い色の場合は、カーテンの色は薄めで光沢のあるもの・高級感のあるものが合いますし、明るい色の場合は、オレンジやグリーン・アイボリーなどの明るくさわやかな色や、チェック柄といったカジュアルなものも合います。

そしてお部屋の中では、ソファが意外と存在感があります。ソファと同じ色、または近い色を選ぶとなじみやすくなり、アイボリーやベージュのソファであれば、様々な色柄と合わせやすくなります。

大きい窓だけでなく、小さい窓にも何か…という場合であれば、濃い色のものをアクセントとして使うことや、小窓用のカフェスタイルなどもおススメです。

根本 夕貴

Comments are closed.