窓まわりのちょっと便利なテクニックをご紹介します。

m7.jpg

①カーテンの吊り方でお部屋の印象が変わる。

カーテンの窓枠のすぐ上に設置した場合と、カーテンを天井面から設置した場合とでは、同じお部屋でも天井面から設置した方が、お部屋が広く大きく感じられ、天井が高く感じられます。また、天井面を塞ぐことで、省エネ対策にもつながります。

②エアコンや壁が近くにあっても、カーテンレールが取付可能。

コンパクトなデザインキャップがあるので、スペースの限られた壁面・エアコン側などには最適です。

③カーテンをコンパクトに収める。

窓の開口部を広く確保できるカーテンストッパーで、カーテンをコンパクトに収めることができます。ストッパーを使うと、生地や芯地の反発で閉まってしまうカーテンでもいつもの操作で好きな位置で止められます。

根本 夕貴

Comments are closed.