タチカワさんのファン・エブリデイのカタログから、「キンモクセイ」という生地をご紹介します。

k2.jpg

昼は可憐な小花の優しい香り、夜は金木犀の甘い香りに包まれるような気持ちになれるこの生地。

昼と夜で見え方が変わる2種類の花柄をジャガード織物で表現しました。

外から光を通すと、スクリーンいっぱいに小花のシルエットが広がります。

光が入らないときは、金木犀の落ち着いた織柄が中心に見えてきます。

リビングやキッチンなど、家族団らんの場所などにいかがでしょうか(´∀`*)

根本 夕貴

Comments are closed.